究極…とまでは言えない選択

母のこと
08 /26 2017

ご訪問くださりありがとうございます。




今日は母の一周忌です。


papa と母の妹夫婦で法要を行います。


これで十分と思っています。



義父の一周忌法要は


セレモニーホールで行いましたが、


親戚、友人は お年寄りが多く


お互いに大変なことと感じました。



今日の法要は、


静かに母を想うことにします。




゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。



数日前に

散骨を扱う会社に電話をして

パンフレットと見積もりを送ってもらいました。


この会社は札幌が本社なので、

札幌から遠い海になるにしたがい

料金が高くなっています。


札幌に近い小樽の海が

扱っている中で一番お安いようです。


mama もこの海が一番近いので

小樽で見積もってもらいましたが、

チャータープランのすべて込々で


150,000円 (税抜)


212.jpg

業者さんによっては、

粉骨作業料金が別になっているところもあるようです。



その他、


「 代理散骨プラン 」

(スタッフの方が遺族に代わり散骨します。)


というものもあり、

チャータープランより

10万円位お安くなりそうです。



お金で親族の気持ちを測るのか… ( ̄▽ ̄;)



と、

パンフレットを見て

一瞬考えてしまった ひねくれ mama 💦


亡くなってすぐと

年数が経った後の気持ちの置き処は

違っていると思います。

その時の立場によって、

プランが変わると思うのは

mamaだけかな (^_^;)



mama個人的には

あまりお骨に執着はありません。


心の中と 実際に毎日手を合わせて

供養することの方が大切だと思っています。



『 忘れずにいてあげる 』

 


mamaだったら


これが一番



嬉しいかな *^^*




ボクは生前お供え welcome です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 




スポンサーサイト

arakanmama