FC2ブログ

運が良かった…!?

父のこと
09 /14 2017
ご訪問くださりありがとうございます。



昨日の続きです。こちら ⇒


「タバコは吸いたい」「お酒も飲みたい」の

わがまま父を引き連れ、施設見学に出発です。


最初に訪れたのは

市が運営している施設でした。

老健のように思えましたが、

いま考えると

部屋に小さなキッチンが付いていて

簡単な料理が出来るようになっていたので

老健とはちょっと違ったのかな…

4年も経つと、
記憶が曖昧になっています (^_^;)


50人ほど入所出来る施設です。

細かな規則があったように思います。

掛かりつけの病院送迎は

この施設で車を出してくれるということでしたが、

やはり 煙草は ダメ

お酒を飲みに行くような外出もダメで

・・・父はふてくされます。


それを見た 施設の方は

共同生活が上手く出来ない方は

断ることもあると話されました。

当たり前のことですよね…


『 ここは無理だなー 』

と思いました。

考え込んでいると、

もっと自由な

共同住宅があると教えて下さいました。


そこは 個人経営の施設で

父の暮らしている家から

歩いて7~8分のところでした。


さっそく父を連れて行ってみましたが、

まだ建ったばかりの綺麗な住宅、

半分以上空きがあり 不思議と

『 ここなら大丈夫かも 』

と感じました。


一階は、

食堂、リビング、洗面所、トイレ、お風呂のほか、

オーナーさん夫婦と その息子さん夫婦の自宅です。


エレベーターで二階に上がると、

12室が用意されており、

一部屋 10畳ほどの広さで、

キッチン、トイレ、洗面所がついています。

日当たりも良く、

思わず mama が住みたいわ !

と 思ったくらい (;´∀`)


父も気に入ったようでした。


洗濯と掃除は自分でということですが、

食事は 朝・昼・晩 と

すべて用意してくださいます。


日中はヘルパーさんが二人と

調理担当者が一人 出勤しています。

その他 オーナーの奥様が

お手伝いをされています。


父と部屋の中を見学していると、

オーナーさんが二階に上がって来られました。

70歳前後の方で温和な人柄を感じました。

『 今日から泊まって荷物は後でゆっくり運ぶといいですよ 』


えっ Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


あまりにも簡単に言われて ビックリ !!!

mama は このオーナーさんとは初対面です。

父も知ってるような素振りは見せません。


『 〇〇に勤めていた △△さんでしょ?! 』

オーナーさんは 父に確かめます。

父は頷きます。

*

そうして 父はこの日から

この共同住宅に住むことになりました。


呆気なく決まりました。


でも 父は そのことを理解できていません ( ̄▽ ̄;)


ここから また大変な日々が始まるのです。。


後になり知ったことですが、
今回スムーズに入所することが出来たのは、
父の姉の存在でした。
父の姉は隣町のお寺に嫁いでいるのですが、
そのお寺の総代さんが
ここのオーナーでした。
オーナーさんは父のことを以前から
知っていたようです。
 
この後も
この運の良さ ?
至るところで発揮されていくのでした。




ジイジはご先祖様に守られてました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

いつもお鼻を押してくれてありがとう💛

 

 




スポンサーサイト

arakanmama